アセムスタジオ

BLOG

アセム研修 和紙彫塑家『内海清美展』

_DSC0083

アセムのみんなで、宇和町の愛媛県歴史文化博物館で行われた、内海清美さんのギャラリートークに参加しました。

内海さんは和紙彫塑家で、和紙人形作品の全国巡回や海外への出品など、国内外で活躍されています。

_DSC0081今回は展示内容をリニューアルし、弘法大師空海の生涯を紹介する新常設展「密●空と海−内海清美展」の開催に合わせ、内海さん自らによる作品の解説や、製作秘話を聞くことができました。

_DSC0100 _DSC0097全19章の内、名場面9章を展示しています。

_DSC0095和紙はすべて四国産を使って作られているそうです。

_DSC0093照明と音響による演出が、内海さんの作品をより強調していて、人形ながらとても迫力があります。

_DSC0118細部の作り込みや、しわの大小による表現がまるで生きているかのような躍動感です。

_DSC0124 _DSC0122史実の場面を想像し、「こうだったのでは」という要素を追加して製作していたり、使用する素材の研究などもよくされているようで、内海さんの作品へのこだわりを感じました。

 

愛媛県歴史文化博物館で新常設展『和紙彫塑による「弘法大師空海」の世界 密●空と海−内海清美展』が行われていますので、皆さんも是非足を運んでみてください。

 

森下

2018-09-19 5:09

森下 拓紀
Hiroki Morishita

フォトグラファー

1990年生まれ
名古屋造形大学卒業

大学で映像などを学ぶ。
授業がきっかけで興味を持ち、写真を始める。
ケーブルテレビなどを経て、
アセムスタジオに入社。