アセムスタジオ

BLOG

漁港へ

伊予市、下灘にある豊田漁港に見学へ

 

 

ここでは新鮮な魚の競りが行われています。

午後3時頃から漁に出ていた船が続々と帰ってきて、魚が水揚げされていきます。

_DSC3560

 

_DSC3637

水揚げされるとすぐに競りが始まります。その間もどんどん船が帰ってきます。

夕方、最後の船が帰ってくるまでこれの繰り返しです。

_DSC3717

県内有数のハモの水揚げ量があるらしく、たくさんハモが揚がっていました。

_DSC3729

他にもタイなど多様な魚種が揚がっていました。

_DSC3701

水揚げから買い付け、トラックでの輸送までスピーディーで

プロとしてナマモノを扱う緊張感を感じました。

あまり見る機会がない競りが見られる貴重なところです。

 

ここで競り落とされた魚は京都や大阪、関東など全国へ出荷されていくそうです。瀬戸内海の豊かな恵みを再認識しました。

_DSC3755

 

 

白潟

2017-02-22 9:00

白潟 禎
Tei Shirakata

フォトグラファー

1988年生まれ 松山大学卒業

20歳で写真を始め、カンボジアの地雷原に住む人たちを3度取材。

2009年「日本ドキュメンタリー写真ユースコンテスト」優秀賞受賞

2011年共著「アジア×カメラー正解のない旅へー」出版