アセムスタジオ

note

【総移動距離 700km】

5月の連休

 

ちょっとお出かけ第一弾

 

岡山 倉敷美観地区をお散歩

 

A0D477E6-9117-4E99-BC33-E85A378E62EB

7505FCEC-1B25-4B20-BDF6-0ED4912707B9

492255D5-0034-47BF-BFF4-7FF188383BFD

F212F035-1AB3-4272-85CC-2F099C3A2943

EE92DE23-B6A4-4C58-A35D-0CAE61A8FACE

 

以前にも来たことはあったのですが

 

夜に来たのは初めて

 

お店は閉まっていますが、ライトアップがとてもきれいで

 

気持ちの良いお散歩になりました

 

 

 

ちょっとお出かけ第二弾

 

高知 黒潮町砂浜美術館 Tシャツアート展

 

C5929604-15FF-48E0-B8F2-52C36A7DEAD5

D2DFBFF7-135A-4ABF-BBEA-84052D4CBB70

A030EF2C-256C-46C4-AD65-9928ACFDBBA3

 

たくさんのTシャツが、気持ちよさそうに泳ぐ景色は

 

なかなかに壮観でした

 

先日、高校生になった息子は

 

なんと、写真部に入部

 

カメラなんてさわったことなかったのになー

 

「ファインダーを覗いて写真を撮る」ということ自体が新鮮

 

そして、瀬戸内に生まれ育つ息子にとっては

 

「大きな波の打ち寄せる海」も新鮮だったようで

 

気づけばずっと海のほうを向いていました

 

14CA4D15-0C93-4E35-93DB-7AB7640C92A9

 

 

45544844-6022-4CC8-B44B-0C03E1704DE0

 

楽しいと思えることを

 

ずっと楽しいまま続けていって欲しいなと

 

いつのまにか大きくなった息子の背中を見ながら思うのでした

 

 

2022-05-10 5:38

【やわらかいあたま】

手前味噌で恐縮ですが

娘の通っている高校の制作展が

愛媛県美術館南館で催されていたので、観てきました。

06

 

3年生の卒業制作を中心に

在校生の作品、幼稚園生の作品も展示されています。

 

02

01

03

07

さすがの3年生の迫力

2年生の勢い

1年生の初々しさ

幼稚園児のかわいらしさ

 

わが子の授業参観のような気持ちで見ていたところもあるのですが

単純に、とても面白かったです。

 

中でも、幼稚園の子どもたちの描く絵は、本当に自由で、面白くて。

08

『ぞう』って言われたら、なるほど確かに、象だもんなあ。

すごい。

これは完全に、象だ。

 

3歳、4歳の子たちの、拙い絵であることに間違いないのですが

改めて見ると、すごいなあ、と。

 

発想ってもっと自由でいいよなあ

おとなになるにつれ、いろんなものを見て、たくさんの技術を蓄えてるはずなのに

頭が固くなってちゃ、いかんなあ

 

と、思いもよらないところから、大変良い刺激をもらえたのでした。

 

2021-12-10 5:23

【新しい生活様式】

コロナウィルス感染症の予防対策「新しい生活様式」として

『3密』(密集・密接・密閉)を避けた休日の過ごし方

 

を考えた結果、

 

20210112_163855

 

滝を見に行くのが趣味になりました(笑)

 

もともとインドアな趣味が多いので、こんな山道を歩きに出るようなことがなかったのですが

いざ思い切って行ってみると、とても楽しい。

松山生まれ松山育ちなもので、雪が積もっているのを見るだけでも興奮!

 

のんびりゆっくり歩きながら、冷たい空気を吸い込んで、

着いた先には「歩いてきた甲斐があったなー!」と思える景色。

 

今年の白猪の滝の氷瀑は、数年ぶりということで、貴重な体験になりました。

(「氷瀑」なんて言葉も、初めて知りました。)

 

ちなみに、この写真は昨日(1/11)のものなのですが、

20210112_163540

 

三週間前(12/20)は、こんな状態でした。

20210112_163454

 

流れる水と、無数の透明な氷の柱で、これはこれで、とてもきれいでした。

20210112_171448

いろんなことが、思うようにいかない状況が続いていますが、

不満を言いはじめると、キリがないので。

人間、不都合なことがあると、誰かのせいにしたくなりがちですが、

そんなの、なんだか気が滅入る一方ですし。

 

今だからできるなにか、今だから始められるなにかを見つけられたら、

きっと視界が変わるんじゃないかな、と

新しい生活様式の中で、新しい楽しみを見つけた私は、

ちょっとポジティブに思うのでした。

 

今度はどこに出かけようかな!

2021-01-12 5:39

【涼菓の調べ】

毎日毎日、よく降るなあ、と、雨模様の外を眺める日が続いていましたが

先日のお休みの日は、久々の晴れ。

 

夏に向けて、涼しげなお皿が欲しいなあ、と、大好きなうつわ屋さんへ。

 

以前から、いつか買おうと思っていた作家さんのお皿が

ずらりと並べられていたので、悩みに悩んで、ついに購入。

 

これはもう、まずは、可愛いお菓子を頂きたい!

と、自宅近くの和菓子屋さんへ。

 

自宅近くとはいえ、実はこんなお店があるのは知らず、

初めて伺いました。

 

0717blogB

二色の紫陽花。

 

0717blog2A

 

水草の浮かぶ小川と、小さな紫陽花。

 

お皿もお菓子も可愛い。。。

そして最高に美味しい。。。

 

 

素敵なお皿を購入したのは、松山市石手にあるうつわ SouSouさん。

 

こちらのお皿の作家さんは、富山県在住のサブロウさん。

ガラスを切り分けて並べて、その隙間にガラスの色粉を詰めて焼成するという、独特の手法で、造られています。

 

そして、和菓子を購入したのは、松山市南斎院にある大塚製菓さん。

おしゃべり好きなおばあちゃんにお勧めしていただいたのが、今回のお菓子でした。

本当に美味しい。これが、ひとつ150円だなんて。。。

 

見た目にも涼しく、

とても気持ちが満たされた、梅雨の合間でした。

 

2020-07-17 6:37

【幸せな風景】

今年は残念ながら

「春だなあ」を

あまり実感する機会のないまま

気づけば日差しが初夏。

_MG_4219_1a

 

を通り越して、夏なのでは?!という暑さの中

カメラマン白潟くんと、ロケハンへ。

_MG_4232_1a写真では伝わりにくいですが

この白潟くん、だいぶわくわくしています。

イメージが膨らむときは、わくわくしますね。

_MG_4231_1a

遠くから元気な声がするなと思って振り返ると

下校途中の高校生。

暑くても元気。

 

そんな普通の景色が

ちょっと嬉しい。

 

世の中いろいろすっきりしない状況が続いていますが

夏はもうすぐそこですよ。

 

2020-05-19 6:34

【食と器】

愛媛県の焼き物といえば、砥部焼。

砥部焼といえば思い浮かぶのは、厚手の白磁に薄い藍色の唐草模様の器。

BeautyPlus_20190427131503422_save

 

定番の砥部焼も良いけれど、最近はいろんな表情の砥部焼があって、見ていて本当に楽しいです。

 

 

先日、念願の「砥部焼まつり」へ行きまして。

お目当ての窯元さんの器と、一目惚れした器を連れて帰ってきました。

 

独特の繊細な流線模様が特徴的な、和将窯さん。

BeautyPlus_20190427131156252_saveBeautyPlus_20190427131249025_save

エアブラシで吹き付けられたグラデーションが美しい、ヨシュア工房さん。

BeautyPlus_20190427132215533_saveBeautyPlus_20190427132255674_save

 

「砥部焼の土ものといえば」と言われているのが、笹山工房さん。


BeautyPlus_20190427130943410_saveBeautyPlus_20190427131043044_save

 

器が良いと、いつもより美味しい気がしてしまう不思議〜

お気に入りの食器があると、毎日の食事作りが、ちょっと楽しくなるなあ、と思うのです。

2019-05-02 11:54

竹内志織
Shiori Takeuchi

アセムスタジオ
スタイリスト