アセムスタジオ

note

【温故知新】

 

温故知新。

故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る。

 

お仕事の中で、たくさんの雑貨や器に触れる機会が、とても多く。

なんと物欲を刺激される仕事だろうか…と思う日々。

(「これは仕事で使えないかな…」と考える傍ら、「個人的に欲しい…」と思うことが多々。)

 

先日お邪魔したアンティークショップで出会ったのが、アンバーガラスのカップ&ソーサー。

FB_IMG_1544706174600アンバー(琥珀色)のガラスに、一目惚れ。

 

1970年代に、ビール瓶の着色技術を活かして作られたガラス食器で、当時は大変人気があったそう。

確かに、昔はこんなガラスのコップが、家にもあったような…

FB_IMG_1544706177304改めて見ると、なんと素敵な色合いだろうか、と。

 

こうして、古いものにも改めて目を向けてみると、逆に新鮮だったり、新しい発見があったり。

新しいものを作り出していく仕事の中で、この感覚も忘れてはいけないんだろうな、と、

紅茶を淹れながら思ったのでした。

FB_IMG_1544706195884

 

2018-12-20 2:08

竹内志織
Shiori Takeuchi

アセムスタジオ
スタイリスト