アセムスタジオ

memo

ヒトから、ヒトへ

先日、松山市のTHE 3rd FLOORで行われていた

愛媛県内外の3店舗のアンティーク・古道具を扱う

岡山の海猫さん、高松のpetalumaさん、

今治のmoyismさんによる展示

『受け継ぎゆくヒト、受け継がれゆくモノII』へ。

スクリーンショット(2018-06-27 17.28.51)室内を埋め尽くす、こだわって作られたものや、

集められたアンティーク雑貨たち。B181FFBA-E30A-4896-BE99-D46C34915288

B0C96CD1-7213-4AA5-B392-9E7DDED7D392

1D05CEBF-7777-4F49-A3CF-A5C1DBC75970

323A08E4-4B51-4282-8B51-F0B626030ED8

874F83A3-59AA-42DE-B2DC-A350FC50D9B9

1F1B984E-B959-4420-9011-84A444193554

見ているだけでも惚れ惚れしますが、

ひとつひとつ手にとると、なんだかずっしりとした

重量とはまた違った重みを感じることができます。

花器に目がないわたしは、ガラス小物や焼き物の一輪挿しを購入。

その上、今治のmoyismさんの針金細工ばかりに目がいくので

ぐるぐるぐるぐる室内を回っては、何度も何度も足を止めて

手に取れば取るほど気になった、針金で作られたカゴも購入。

モビールも素敵だったのですが、次回に持ち越し。

今回は、揺れる影を存分に楽しみました。

E15AFF7B-36C3-4B22-A7CC-B0271B7FE201

「時間の経過と共に、風化していく過程に生まれる美しさ」と

店主もおっしゃっていて、気に入ったフルモノが手に入るまでは

モノ作りをしない、というこだわりぶり。

何でも簡単に手に入り、安いもので溢れかえっている近年ですが、

こうして足を運ばないと出会えない、手に入れられない

モノや機会はこれからも大切にしていきたいと思うのです。

わたしがいる間にも、何人かお子さん連れの方がいましたが、

ユニークな店主の方々が「今から英才教育ですね」と

おっしゃっていたのがとても微笑ましい。

まさしくこの展示のタイトルにふさわしい

後世に伝えていきたいモノに触れた良い機会でした。

2018-06-30 12:00

おすそわけ

会社の階段に、よくご近所の畑の方が

季節のお野菜や花を置いてくれています。

今回のおすそわけは、ユリの花。

毎回たくさん頂くので、いつも少しだけもらって帰ります。

F250A00B-DB22-4BCE-A066-CA96EBA57AAC

頂いた時はつぼみだったけれど、

気づくと綺麗に花が開いていました。Processed with VSCO with hb1 preset

ユリは見た目も香りもなかなかの迫力なので、

一本だけでも部屋がぱっと華やかになります。

 

わたしが小中学生の頃も、

近所の腰の曲がったおばあちゃんが

いつも畑で取れたお野菜を、玄関先に

置いてくれていたのを思い出します。

母が家にいない時は、玄関先で少し

おばあちゃんと話をすることもありました。

今では実家を離れても、おうちで農家をされてる友人が

採れた季節のお野菜をたくさん持って現れたりもします。

今年もまた、この時期が来たなあと、

野菜の種類で感じる季節の移り変わり。

 

昔に比べると、ご近所付き合いもなかなか

減ってきているように感じるここ最近。

今でも身近にわずかに残る、おすそわけの文化。

時代は変わっても、変わらないもの。

無くなって、ほしくないもの。

頂いたものを眺める瞬間にはいつも、

何だかふと、実家の懐かしい風景を思い出します。

62B6E0A9-EF1B-4861-8EA4-21489321F776

9AA275D3-F23C-4C50-9735-61966E65EC25

 

 

 

 

 

 

2018-06-19 10:32

neoteny japan

先日古本屋で、10年ほど前にふと読んで

購入はしなかったneoteny japanを

思いがけず見つけた。

Processed with VSCO with hb2 presetこれは、なかなかうれしい出会い。

わたしにとって、完全保存版です。

228F8C2A-D0E8-4A10-BFFD-99DA11A82845

だいすきな 池田学、小谷元彦、名和晃平 (敬称略)…などなど、

見ていてそわそわざわざわするひとたちで溢れかえっている。

5435C350-52B1-432F-9444-52A69F49A313

Processed with VSCO with a6 preset

E8BC9CF3-6BD8-4D2E-9EE2-D21D0D34002B

BF556B43-8C3F-4652-A297-8892A2D82AD3

その昔には、あまり好きでなかったものが

今にはぴったりきたり、またその逆だったりもする。

わたし自身が変化しているということだ。

そういうのを、昔の本だったり映画だったりは教えてくれる。

ありがたい、ありがたい。

2018-05-18 5:49

新緑

GWが終わって5月もいよいよ中盤に差しかかり、

新緑が綺麗な季節になりました。

桜の季節も良いですが、わたしは新緑の季節が一番好きです。

祖父が使っていたフィルムカメラを持って、

あちこち鮮やかな緑を探して回っています。

A49F5D51-90D1-4498-A8DB-C897BB6AD7CA

2680B8F8-E2F3-4851-B75C-8C4628FA0354新緑、と言うと淡い黄緑や鮮やかな緑を想像しますが

新緑の色素には、ブルーベリーなどに含まれる

アントシアニンが含まれていると最近知って驚きです。

 

確かに、新緑は字の通り遠くで見ると緑ですが、

良く見ると、若い芽は黄色や赤みがかっているものが多い。

アントシアニンは、たくさんの太陽の光を浴びた植物が、

自分の身を紫外線から守るために作り出す成分。

若い芽は特に弱いので、多く含まれているのでしょうか。

 

広く目に見えるものが全て、ではなく

ひとつひとつを良く観察して見てみると

実は、違う一面が見えておもしろいものです。

自然も然り、ひとも然り。

39E47074-AB30-4FC2-8A4E-F401C0E23DA9

天気のいい日に散歩するのも良いですが、

身近に花や緑を置くことでも、

ゆっくりとものを見る、考えるという時間を

大切にできるようになった気がします。

 

 

 

 

 

 

2018-05-07 11:27

歴史の面影

6B0CE7F9-0C30-4582-BE4A-238439CD3C56先日生けたお花。

初めて生けた植物ですが、

実物を見たことがなかったので

葉一枚一枚から自然そのままに生けるのが

なかなかに難しい。

 

万年青(おもと)という植物ですが、

栽培の歴史は300年とも400年以上とも言われ、

古くは徳川家康が江戸城へ入る時、家臣の中には

万年青を献上したものがいるとも伝えられています。

江戸時代には、主に大名のもとで栽培が行われていたとのこと。

 

その後、栽培がある程度は一般庶民にも広がり、

その中でも一部の万年青には、一芽百両と言った

とんでもない価格がついた例もあったといいます。

栽培の中心は武士階級から富裕階層へと移り、1877年頃には

京都を中心に大きなブームがあり、1鉢1000円(現代の1億相当)

という例もあったそうです。

 

確かに、佇まいが堂々としている。

万年青、という字もまた良い。

赤い実(種)を植えると必ず芽が出、青々と成長するということから

子孫繁栄や富の象徴として考えられているなど、

そんなお話を先生に伺いながら、生ける時間がとても好きです。

 

そういった日本のいわれや、暦などが

わたしはほんとうに好きで、昔のひとたちの

言ったことは、ほんとうに的を得ている。

 

今年も、1月20日大寒を過ぎると

また一気に冷え込み、気候が不安定な現代でさえも

暦はあっさりと言い当ててしまうのでおもしろい。

情報が少ない時代だったからこそ、

自然やひとと真っ正面から向き合う姿は

見習うべきものだなあ、と

正座でいつも、お花を前に思います。

 

 

2018-01-23 3:50

恒例行事

Processed with VSCO with f1 preset一日遅れでしたが、今年も七草がゆを食べました。

地元、西条では水がきれいなこともあり

七草の生産が盛んだったので、七草の出荷のお手伝いは

中学生の頃からの恒例行事でした。

大人になっても大ベテランとして

お手伝いしていましたが、慌ただしいお正月から、

ぱたりと平穏なお正月になってもう二年。
それでもやっぱり、これは食べなきゃ始まらない。
こうしてきちんと、ごはんを食べられる日々に感謝。

2018-01-09 6:38

津嶋沙織
Saori Tsushima

アセムスタジオ
スタイリスト

写真好きの祖父の血を受け継ぎ、
写真に関わる仕事に飛び込む。
創ること、
描くこと、
表現すること は、
毎日、していたいと思う。

オブジェクト