アセムスタジオ

memo

脳内パニック

今年も、この季節がやってきました、、

「文目、菖蒲、杜若」

アヤメ、ショウブ、カキツバタと読みます。

_DSC0444

毎年毎年このお花がやってくると

「初夏だな、、」としみじみする反面、

 

・見ただけでは種類が分からない

・葉の裏表が分からない

・生ける順番分からない(成長する順番を覚えなければならない)

・春夏秋によって生け方が違う云々、、、、

 

今回はカキツバタでしたが、

春は蕾よりも長い葉を生ける、夏は葉よりも高い花を生ける、

秋は枯葉を生けるというように

長く楽しめる反面、こちらはパニックです。

ショウブやアヤメになるとまた生け方が変わるという、

花すらもまだ見分けられないのにまたもやパニックです。

 

葉の表面は、3本の筋が浮いている方が表なのですが

何年経っても見極められず(そして目が悪い)

いつも、写真の距離で葉っぱと睨めっこ。

_DSC0432

今回は初夏なので、まだ春の生け方。

花はまだ蕾で、葉っぱが花より成長しているのが印象的。

(蕾を生けるはずが、気づけば咲いちゃいましたが)

毎回、こんなパズルのようなことばかりやっています。

他の花はこんな風には置いて確認しないのですが、

これ系の花はこうでもしないと覚えられない。

頭の中で、スマートに組み立てたいものです。

_DSC0431

_DSC0456

 

1年に1回生けるかどうかのものは

1年経つとすっかりと忘れ去ってしまうので

もう少し、お勉強が必要なようです、、

 

思い返すと、お花を習い始めたのが

2015年なのでもうすぐ丸7年。

間(ま)やバランス、空間把握能力を養うためとはじめ

仕事終わりに細々夜な夜な通い続け、

現在の階級は師範科というところまで取得。

こんなことでは、まだまだ修行がたりません、、!

仕事には、少しづつ活かせる場面も増えてきたかな?

とは思いますが、精進あるのみですね。

 

 

2022-06-22 12:06

音楽と風景

矢野ミチルさんという

因島在住の好きな画家さんがいるのですが、

少し前に松山にて巡回展をしてくれたこともあり

久しぶりに会いに行きました。

IMG_8976

IMG_8974

IMG_8973

最後に会ったのは、おそらく6年前の尾道で。

情勢上、思うように動けない様子を

ずっと見てきたこともあり、

久しぶりに来てくれた嬉しさのあまり、

応援の意味も込めて絵を購入。IMG_9378

またひとつ、家宝が増えました。

 

その画家さんの展示とあわせて、

松山の尊いおじさんこと工藤冬里さんが

ライブペイントをすると聞きつけて 弾丸、尾道へ。

IMG_0241

IMG_0242個性と個性のぶつかり合いに、ただただ圧倒。

IMG_0250

IMG_0254

IMG_0272

IMG_0275

IMG_0276商店街では、いろんなお店の前で演奏家さんたちが

演奏している場面にたびたび出会い、なんだか不思議に思っていると

「音楽と風景」というイベントが行われていたそうで

わたしが観に行っていた画家さんのライブペイントも

そのイベントの一環だとのちに知りました(遅)

IMG_0279

街中で音が鳴り、みんなが足を止めたり

音に合わせて手拍子をしたり、

お店と協力して商店街を盛り上げようとしている

とても素敵な取り組みだなと思いました。

 

尾道は、ただでさえ古い街並みがたくさん残っていて

大好きな海街なので、こういう風景はずっと

残っていてほしいなと思います。

「猫の細道」がたくさんあるように、

尾道の名物として猫がそこかしこにたくさんいて、

写真におさめようと必死になるも

クールに翻弄されている人間たち(わたしたちも同じく、、)が

たくさんいる光景もおもしろおかしいものですね。

 

少しずつ、観光地としての賑わいが戻りつつある姿を見て

また、来たいと思うのでした。

IMG_0283

 

 

 

2022-06-13 5:11

また、来年。

DH000024

DH000026

DH000013

DH000022

DH000020

DH000009

 

film:MINOLTA-x500

 

2022-05-06 4:51

光、射す

好みの光ばかりを、

ついつい集める癖があるようで。

一番のお気に入りは、やっぱり水辺!

 

film:MINOLTA x-500

DH000002

DH000028

DH000004

FH000003

DH000013

DH000023

DH000025

DH000026

FH000004

FH000011

2022-03-07 5:34

風物詩

 

昨年末のお稽古で持ち帰った切り枝の

椿が咲いてなんだかめでたい。

お正月は、お雑煮が食べられるからうれしい。

(すました写真を撮っていますが

新年早々餅が炎上するほど焦がしたのは

このわたしです、火の用心、、)

IMG_6488IMG_6496IMG_6469

七草の時期を過ぎると、お正月気分が

すっとどこかに行ってしまうのは不思議なもので。

七日に買ってはいたものの、うかうかしていて

九日に作った七草がゆ。

お餅が食べたいばっかりに、容赦なく

胃を労わる食べ物に餅をつっこむスタイル。

IMG_6611IMG_6618

七草というと、お正月の時期には子供の頃から

アルバイトをさせてもらっていたことを思い出します。

地元の風物詩、ってやつですか。

季節がめぐるたび、思い出せる情景があるのは

すてきなものですね。

2022-01-09 6:13

ジブリ感、、

休みの日には、季節の花を探して

いろんな場所を訪れることが増えました。

この頃は菖蒲の季節だったので、少し遠出して

前から行きたかった菖蒲城へ。

どうやって持って上がったのか、城の上にも

所狭しと菖蒲の苗がたくさん。

なんとなく、醸し出されるジブリ感、、

 

しかし、ほとんど咲いていない、、

(花が咲いているかどうかは下調べして行かないタイプ。笑)

わたしの他にも数名の老夫婦とすれ違いましたが

咲いてないね、と見ず知らずのわたしと苦笑い。

またそれはそれで、すてきな時間。

IMG_1354

90歳を過ぎた方が菖蒲のお世話をしているらしく、

通称・菖蒲城の奥からゆっくりと出てきたかと思えば

「まだ、菖蒲の見頃には早いよ、、」と。笑

「また、観光協会に確認して来るといい」と

おっしゃってくれましたが、わたしはこの城を見られたことと

城主がご健在で、足腰強く菖蒲を運んでいる姿を見て

なんだかそれだけで満足したのでした。

(もちろん、菖蒲も少し咲いていましたが)

IMG_1352

IMG_1351

サイトで調べた時に見たこの場所は、

この時期菖蒲祭りでたくさんの人で賑わっているようでした。

IMG_1350

この場所の隣には大きな川が流れていて、高い、高い土手にぐるっと囲まれていて。

この土地も、数年前の豪雨災害で苗が全て泥水に浸かったそうです。

城主がなんとか苗を洗ったり植え替えて今の状態まで復活させたようですが、

半世紀にわたり親しまれてきたこの菖蒲園は

ちょうどわたしが訪れた数日後のお知らせにて、

管理が難しくやむなく閉園してしまったそうです。

そんな最期の姿を、見られてよかった。

 

今後は、水辺に親しむ環境施設として再利用を検討とのことですが

この場所のこれからを、見守って行きたいなと思いました。

 

いろんな人の想いや、思い出が詰まった場所は、

こうしてなくなってほしくないなあと、

この場所を訪れて改めて感じたのでした。

IMG_1361

 

(film:MAMIYA FLEX)

2021-07-09 2:13

津嶋沙織
Saori Tsushima

アセムスタジオ
スタイリスト

写真好きの祖父の血を受け継ぎ、
写真に関わる仕事に飛び込む。
創ること、
描くこと、
表現すること は、
毎日、していたいと思う。

オブジェクト